メラニン色素 悪の工場フル稼働

メラニン色素 沈着 将来

 

ヒトの体には皮膚がありますが、その表面の薄い表皮にメラニンが溜まると色素沈着を起こします。

 

いわゆるシミと呼ばれるものですが、女性ホルモンや紫外線など刺激誘因物質が悪さをすることで表皮細胞に続々と要因となるものが集まって来ます。
いわばメラニンの生産工場の土台となるものが勢揃いするとメラニンの生産が増加します。

 

するとメラニン生成酵素の作用でドーパキノンという化合物になります。それがやがてメラニンへと変化して最終的には沈着して黒いシミになるのです。

今こそ乙女肌を守るべし

 

日焼けしたのに保湿もしないでそのままにしているなんてよくありますね。

 

でもそうしている間にもヤバ肌になっています。
それは傷んだお肌に何もしないとどんどんメラニンが溜まってしまうからです。

 

年齢肌によるくすみや肝斑などもそうしたお肌の習慣が招いていて、将来的には複合タイプと呼ばれる肝斑とシミの両方を併発することになりかねません。

 

メラニン色素をこれ以上生産させないようなお肌に改良することが大切です。
念入りなクレンジングと洗顔を心掛けて、お肌の保湿をするだけでも全然違いますからもうひと手間を大事にしてあげましょう。