シミの原因のひとつはメラニン色素

メラニン色素 沈着 ケア

 

色素沈着でシミができるのは、肌に刺激が加わり、肌がメラニン色素の物質を出し、肌をバリアするためです。

 

メラニン色素は嫌なシミなどの色素沈着の要因になりますが、実は体を守る防衛物質でもあり、メラニンを含む表皮細胞により肌をバリア機能で守っています。

 

肌は新陳代謝によって生まれ変わりもとの肌の色になりますが、メラニンが沢山作られると肌の新陳代謝が機能しきれず、色素が残りシミや黒ずみなどになってしまうのです。

シミなどを予防して改善する方法

 

シミなどを予防したり改善するためには、肌の刺激を抑え、ターンオーバーを正常にして、肌に残った色素沈着を落とすことが必要です。

 

肌の刺激を抑えるためには、紫外線を浴びないように日焼け止め、UVカット化粧品、日傘、帽子などを効果的に利用します。
ターンオーバーを正常化するためには生活習慣を改善し、肌に残った色素を落とすには美白系の化粧品で肌をケアします。
皮膚科を受診することでシミは解消することが期待できますが、自分でメラニンを刺激しないようケアすることも大切なことです。