メラニン色素による沈着は肌の過剰反応が原因

メラニン色素 沈着 原因

 

メラニン色素はもともと肌に必要な存在で、防御する役割があります。

 

肌にある色素細胞が過度な刺激を受けてしまうと過剰に分泌されてしまうため、表皮や真皮にシミとして残ってしまいますが、通常の分泌量であれば紫外線や炎症による損傷から守ってくれる働きがあります。

 

年齢とともに代謝する速度が鈍りターンオーバーが正常に行われなくなると、奥深くで沈着したものは中々表皮の方まで上がってこないため、いつまでも残ってしまうことになります。

肌の過度な刺激を避けて回復力をアップさせる

 

メラニン色素を大量に発生してしまう原因である過度な刺激を避けることはとても重要で、直射日光を受けて紫外線を大量にあびないように日焼け止めを利用したり、帽子の着用をするなどの対策が有効です。

 

ニキビなど炎症が起きた場合には、指で引っかいたり潰したりせず薬で早期に治し
ムダ毛の処理などは、毛抜きで無理に引っ張ったりカミソリで表皮を傷つけないようにしなければなりません。

 

下着などの圧迫もよくなく、ビタミン類を取ることでこうした刺激による沈着を抑えたり、代謝を促すことが期待できます。